弁護士に依頼するメリット

Posted by

メリット過払い金請求や任意整理を弁護士に依頼するメリットは多岐にわたります。たとえば、過払い金請求を弁護士に依頼するメリットですが、限度額に制限なく法律相談をすることができるというのが大きな特徴です。貸金業者から個別の借金の額や過払い金が140万円を超える場合は、司法書士は交渉権や訴訟代理権がないのです。弁護士なら、金額に関係なく代理人として貸金業者と交渉をすることができるようになっています。この点が、弁護士と司法書士に依頼する大きな違いと言っても過言ではありません。

また、弁護士なら早期に過払い金の返還をすることができるようになっています。司法書士の場合は、地方裁判所の管轄事件の代理人になることはできないのが大きな特徴です。弁護士はこの代理人になることができるようになっています。

弁護士に依頼するメリットですが、他にも納得いく金額を回収してくれる、というものもあります。司法書士は、個別の債務額に限度があるので、回収できる過払い金は制限されているのが大きな特徴です。弁護士はこうした過払い金請求の制限がないので納得いく金額を回収してくれるのがうれしいです。弁護士と司法書士はこのような違いとなっています。